どうして高価買取になる?酒買い取り業者の販売ルートとは@azumanada.jp

酒買い取り業者が高価買取につながる理由

高価買取をうたう酒買い取り業者は少なくありません。しかし、なぜ高値で買い取ってくれるのか気になりませんか?その理由は様々ありますが、主に買取したお酒を独自ルートで再販するため、高価買取を実現しているのです。もちろん業者によりますが、独自ルートを持つ業者の多くは高価買取してくれます。

独自ルートを持つ業者は、基本的に余分なマージンやコストがかかりませんし、高値で売れる地域を把握しています。一方で独自ルートを持たない業者は、仲介や卸業者を経由するため、余計なマージンやコストが生じてしまうのです。このため、独自ルートを持つ業者は浮いたマージンなどを買取価格へ還元し、高価買取を実現しています。これから酒買い取り業者を探す方は、独自ルートの有無をチェックすると良いでしょう。

売ったお酒のその後の行方とは

では、業者が買い取ったお酒はどんなルートで再販されるのでしょうか?自社のお店で販売するところも中にはありますが、そうでない場合は主に以下3つのルートで再販されます。

①コレクター

意外かもしれませんが、買い取ったお酒をコレクターへ販売するパターンもあります。世の中には様々なコレクターがいますが、お酒もその中の一つです。お酒そのものを集めているケースも珍しくありませんが、例えば以下のようなアイテムをコレクションしている方もいます。

  • お酒のボトル(バカラボトルなど)
  • お酒のラベル
  • 付属のグラスや替え栓
  • お酒の箱

一般的にはゴミあるいは価値のない品と思われがちですが、コレクターにとっては価値のあるお宝です。例えばお酒が入っていない空のボトルでも、数万~数十万円で購入するコレクターもいます。酒買い取り業者は、こうしたコレクター向けにお酒や各種付属品を販売しているケースも多いのです。特に空のボトルなども買い取っている業者の場合、独自にコレクター向けのルートを持つ可能性があります。もしワインのボトルなどをお持ちなら、一度査定を受けてみるのもおすすめです。

②海外オークションサイト

一口にお酒といっても様々な種類がありますが、全て日本で売るのが正しいとは限りません。このため、買い取ったお酒を海外のオークションサイトで再販している業者もあります。例えば日本で5万円で売れる高級ワインでも、海外なら10万円以上で売れる可能性があるのです。他のお酒も同様で、海外オークションで再販している業者は少なくありません。こうした業者は海外のお酒の取引相場も熟知しており、オークションを経由して最も高く売れるエリアや国へ流通させています。

なお、現在は海外で日本酒や焼酎なども注目を集めています。そのため日本よりも海外で高値が付いており、日本酒などを買い取っている業者の中には、海外で再販しているところもあります。もし日本酒・焼酎を売りたい場合、海外にルートを持つ業者へ査定を依頼するのも良いでしょう。

③ホテルや飲食店

そして最後がホテルや飲食店です。酒買い取り業者は、それぞれが独自にホテルや飲食店と提携しています。ホテルのレストランや居酒屋などは、常にお酒のニーズがありますので、このような飲食店へ買い取ったお酒を直接販売しているのです。

飲食店は、お酒をリカーショップなどから卸してもらうのが一般的です。しかし余計なマージンが生じるため、仕入れ価格が高くなる欠点があります。一方、酒買い取り業者から直接販売してもらえば、余分なマージンをカットすることができます。業者も在庫を抱えるリスクが減りますし、飲食店側も仕入れ価格も安くなるため、ウィン・ウィンの関係といえます。冒頭でも触れましたが、このマージン分を買取価格へ還元するため高価買取を実現しています。

まとめ

酒買い取り業者が高価買取している理由は独自ルートにあります。更に買い取ったお酒は、以下のルートで再販されるのが一般的です。

  • コレクター向け
  • 海外のオークションサイト
  • 提携したホテルや飲食店

お酒はたいへん価値のある品物です。独自ルートを持つ業者は高く売れる地域を熟知していますので、少しでも高く売りたい方は、独自ルートを持つ業者に査定してもらいましょう。