【ユーザーが紹介】酒買い取り業者の実際の買取の流れを解説!

酒買い取り業者の買取の流れは?

お酒を売るにあたって、買取の流れが分からない方は少なくないでしょう。特に買取の経験がない方は、不安も大きいのではありませんか?確かに始めは戸惑うかもしれませんが、酒買い取りの流れは非常に簡単です。なお、買取方法は様々ありますが、ここでは宅配買取の流れについてご紹介します。

実際に買い取ってもらいました

宅配買取は自宅からお酒を売れる非常に便利な買取方法です。現在は最もメジャーな方法といってもよく、僕も何度か利用しています。一方、ネット上では宅配買取の流れがややこしい、分かりにくいといった意見があるのも事実です。

では、どのような流れでお酒を買い取ってもらうのでしょうか?その疑問にお答えするため、実際に僕が宅配買取を利用した時の流れを紹介します。ただし、業者によって流れが変わる可能性もあるのでご注意下さい。

①ネットで査定をしてもらう

始めに行ったのが酒買い取り業者への査定の申し込みです。お酒を買い取ってもらうなら、まずは査定から始めると覚えておきましょう。これはどの酒買い取り業者でも同じです。

僕の場合はネットで見つけた業者を数社比較し、その中の一社(以後A社とする)へ査定を申し込みました。申し込んだのはネットからです。A社のホームページ上には、オンライン査定の申し込みフォームがありました。住所や連絡先、売りたいお酒(今回はワインとウイスキー各1本ずつ)の状態を記入し、送信ボタンを押すだけで申し込めました。

それから数時間後、業者から仮査定の連絡がありました。その結果に納得できたため宅配買取を申し込み、発送先の住所も教えてもらいました。

ここまでが宅配買取の査定における流れです。簡単にまとめますと、以下のようになります。

  • ネットから査定を申し込む
  • 必要事項を記入して業者の連絡を待つ
  • 査定結果を確認し、納得できたら買取を依頼する

査定を申し込んだ後は、業者の仮査定の結果を待つだけです。ただし、査定方法によっては連絡が来るまでに時間がかかります。すぐ知りたい方は、電話やLINE(対応している場合のみ)査定を使うのがおすすめです。僕もこれらの査定方法は使ったことがありますが、ネットから申し込むのと同じく簡単でした。

②梱包・発送

業者から査定結果の連絡が入った後は、実際に売りたいお酒を梱包し、業者が指定する場所へ送りましょう。ダンボールや梱包材料(プチプチなど)が必要ですが、業者によっては宅配キットで送ってもらえます。ほとんどの業者が無料提供していますので、もし梱包材料をお持ちでない方は有効活用しましょう。

僕はダンボールやプチプチを持っていたので自分で梱包しました。ただし、問題となるのが梱包です。僕が売りたかったワインとウイスキーはボトルがガラス瓶だったため、慎重にならざるを得ませんでした。もし輸送中に割れたらおしまいです。そのため、各ボトルをプチプチで丁寧に梱包し、ダンボールに隙間が空かないよう新聞紙を詰めました。箱の底が抜ける可能性もあったため、底面はしっかりガムテープで固定しました。その後買取申込書を記入し、コピーした身分証明書と合わせてダンボールの中に入れました。

梱包が終わった後は蓋をして、伝票を貼ったら終わりです。ただ、買取申込書と身分証明書の入れ忘れが心配だったため、蓋をする前に再確認しました。後は指定の配送業者にお酒を手渡し、本査定の結果が出るのを待つだけでした。

梱包~発送の流れもシンプルで、次の2つにまとめられます。

  • 売りたいお酒を梱包する
  • 業者指定の配送業者へ渡す

売りたいお酒を梱包した後、酒買い取り業者が指定する配送業者へ渡せば完了です。ただし買取申込書や身分証明書の入れ忘れには注意して下さい。もし忘れた場合は本査定へ進めないことがあります。

③本査定が終わり振り込みしてもらう

最後が本査定と入金です。ここまで来ると、こちらがすることはほとんどありません。業者からの連絡を待って、金額に問題がなければ入金を待つのみです。

僕が買取を依頼したA社は、お酒を発送後2日で連絡をくれました。本査定の結果、最初の査定より若干金額がアップしたため、すぐ買取了承の返事をしました。そして翌日、伝えられたとおりの代金が振り込まれていたのを確認し、僕の酒買い取りは終わりました。

以上が宅配買取最後のステップです。こちらもまとめると以下の2つとなります。

・業者からの連絡(本査定の結果)を待つ
・金額に問題なければ買取を承諾し、代金を振り込んでもらう

注意すべきは入金のタイミングでしょうか。業者によっては翌日振り込んでくれますが、土日祝日が重なった場合や、業者の状況次第では数日遅れる場合があります。もし1週間経っても入金がなければ問い合わせてみると良いでしょう。

その他の買取方法もある

以上は宅配買取の流れですが、他にも出張買取・店頭買取という2種類の買取方法があります。出張買取は業者が家や保管場所までお酒を買取に来てくれる方法で、店頭買取は自分でお店へ持ち込む方法です。このように、宅配買取と異なる点がありますので、違いを理解したうえで選びましょう。

なお、それぞれの買取方法は別ページで詳しく解説しています。具体的に知りたい方は、ぜひ個別の解説記事をご覧下さい。

まとめ

酒買い取りの流れが非常にシンプルです。今回は宅配買取でしたが、流れをまとめると以下の3ステップで済みます。

  • ネットなどから査定を申し込む
  • お酒を梱包して配送業者へ手渡す
  • 業者からの連絡を待ち、査定結果に問題なければ買取成立

宅配買取は査定申し込みから入金まで数日~1週間程度の時間を要します。しかし、自宅からお酒を売れるなど様々なメリットがあるため、初めての方でも安心して利用できる買取方法といえます。